メチル水銀とマグロ

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本では、和食が中心で、魚介類をたくさん摂取しますよね。

みなさんは、そんな魚介類にも一部有害物質が含まれることをご存知ですか?

魚の中には、メチル水銀(水俣病の原因にもなったもの)を含むものがあります。

 

水俣病についてはみなさんもご存知かもしれませんが、工場排水に含まれたメチル水銀が、水俣湾に流れ込んだことによって、そこの海に生息する魚介類へ高濃度に蓄積し、それを日常的に食べていた地域住民に発症してしま

った病気です。

しかしながら、このような場合以外にも、環境中には、無機水銀が主に水環境の中にいる微生物などによって化学変化をおこし、メチル水銀(有機水銀)になります。

そしてそれらを食べた魚介類にメチル水銀は摂取され、それをわたしたちが食べて摂取しています。

とくに大型の魚に溜まりやすいと言われています。

その理由は、食物連鎖の関係で、小さい魚がプランクトンなどの微生物(メチル化された水銀)を食べて、その少量のメチル水銀を摂取した小さい魚を中型の魚が食べ、その中型の魚を大量に大型の魚が食べます。

そのため、とくに大きい魚には注意です。

ではいったいどのような魚に多く含まれるのでしょうか。

海の食物連鎖の上位にある動物、寿命の長い動物に高い濃度のメチル水銀が含まれます。同じ魚種でも、大きさなどによって、メチル水銀濃度は大きく異なります。

具体的には、

マグロ類 ⇒クロマグロ(本マグロ)、ミナミマグロ(インドマグロ)、メバチ(メバチマグロ)、クロカジキ、メカジキ、マカジキなど

サメ類  ⇒ヨシキリザメ、ドチザメなど

深海魚類 ⇒キンメダイ、ムツ、ウスメバル、ユメカサゴ、メヌケなど

鯨類   ⇒バンドウイルカ、コビレゴンドウ 、マッコウクジラ、ツチクジラ、イシイルカなど

 

 

さて、話は元に戻りますが、、、

厚生労働省では、魚の中に含まれる水銀の量がある一定以上になったとき、胎児に与える可能性が高いという報告をしています。

胎児の発育中の脳はメチル水銀に対する感受性が強いため、低濃度であっても注意が必要です。

また、わたしたち大人ももちろんですが、赤ちゃんは、取り込んだ水銀を排出しづらいので注意が必要です。

自然界に存在する水銀化合物のうちメチル水 銀は、小腸から容易に吸収されます。

体内に入ったメチル水銀は胎盤を通じて、胎児にまで届き、血液、そして脳にまで到達します。

なので、妊娠中の方の摂取は極力少ないほうが理想的です。

とくに妊娠して4ヶ月目以降から、胎児に栄養を運ぶために、大量の血液がが流れるようになります。

その一方で、胎児期や乳児期を過ぎたお子様や大人の方は、偏食出ない限り、バランスよくいろんなものを食べていればそんなに大きな影響はありません。

胎児と比較するとそこまでではないですが、乳児期は母乳から摂取されるため、この時期のメチル水銀の摂取も注意してください。

徐々に母乳を摂取し、身体が大きくなるにつれて、半減していくそうです。

 

<メチル水銀が胎児へ及ぼす可能性がある影響とは>

運動機能や知能の発達に悪影響が出るリスクが増すことが、東北大チームの疫学調査で分かったそうです。

毎日新聞より引用: http://mainichi.jp/articles/20161128/k00/00m/040/119000c#csidx3deaf28db6c7360b608b08b97ad6436

 

ここで補足ですが、水銀は魚だけではなく、歯科材料で使われていたこともあります。(アマルガムというつめもの)

通常の銀歯といわれているつめものは、たいていの場合光沢感のある下記左側のものですが、1970年代ごろ盛んであったつめものは、アマルガムという水銀を含むものもあったので、その場合下記右側のように鉛色で、光沢感のないものがつめてある場合、アマルガムの可能性があります。

この場合、両者ともですが、唾液によって溶け、イオン化され、体内にどんどん吸収されていきますので、要注意です。

金属でないつめものが理想的です。

 

 

 

 

 

 

2017年1月5日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : aritasika