スタッフA☆オゾン療法やってみました!~体験レポート~

このエントリーをはてなブックマークに追加

注射や採血の苦手な怖がりのスタッフA、今回濃度42の150mlで、オゾン療法やってみました!(‘ω’)ノ

わたしは注射や、点滴、採血、とにかく針がこわくて恐怖を感じていたのですが、

19Gの採血用の針で、採血したのですが、意外とあっさり終わり、痛みも少なく、腫れやその後の経過も特に問題なく終わりました。

ちなみに一般に行われている献血の針は17Gとすごく太いようなので、それと比較すると細いみたいです。

また、献血では400mlほど血液をとるようですが、オゾン療法では100ml〜150ml程で済むということで、怖がりのわたしにとってはホッとしました。

なので、献血をしたことがある方だと余計に楽勝かもしれませんね(笑)

 

さてさて、、、

静脈から採血した血液は、やはり真っ黒でしたが、オゾンを加え2分ほど混ぜていると、オゾンが血液中で酸素にかわるので、きれいな赤に変化しました!!(*’▽’)

unnamed-2    unnamed

このきれいになった血を体内に戻すのですが、採血したときに刺した針からそのまま血を戻していくので、一度さされば何回もさされることがないので、注射嫌いなわたしにとってはうれしかったです(笑)

そして血が戻るときも、とくに嫌な感じはなくおわります。

もう一点わたしが怖かったのはオゾンという名の異物を体に取り込むということです、、、。

結構この恐怖に葛藤している方、多いのではないでしょうか?

実はオゾンは、血液と合わさると、酸素に変化します。

そして、うれしいことに酸素が血液に加わると、赤血球が変形していたのも、きれいな形にもどります。

これがいわゆる血液ドロドロからサラサラになるということみたいです。

変形して結合した赤血球は、血管の中でつまって流れるのがおそくなります(ドロドロ)。

そこでサラサラと流れるようにきれいな形に戻してあげるのです。

ketueki4 06_02

な、なんと画期的な!!!( ゚Д゚)

健康だけではなく、美容にも効果絶大ということで、恐怖心が消え去り、ますますやっていきたくなったスタッフAでした

 

 

 

つづく。。。

 

 

2016年9月24日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : aritasika