オゾン療法と高濃度ビタミンC点滴~血液クレンジング~

このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさんはオゾン療法をご存知ですか?

近年だいぶ広まりつつありますが、やっているところはまだ限られているようですね。

オゾン療法(血液クレンジング)の歴史は、日本ではここ最近ですが、ヨーロッパでは30~40年前からやられているようで、英国のエリザベス女王の母君が定期的におこなっていたことも有名です。

queenmamori12_03

オゾン療法とは、100〜200ccほどの血液を専用の容器に採血し、そこにオゾンガスを入れたのちに、オゾン化した血液を体内に再度戻すという治療です。

ozone_2step_img04acd95804871beddfa999e8e91250e1c5-300x297

 

では、どのような効果があるのでしょうか。

1つ目、ふだん酸素がいきわたらない部分まで届く

blood

2つ目、血液の流れがサラサラになり、抹消循環の改善

img_topical0-2

3つ目、免疫力の向上

23770

4つ目、細胞が活性化し、抗酸化力を向上

8888-300x246

5つ目、アンチエイジング

m_03

などが挙げられます。

 

歯科では、なにが効果的かといいますと、

☆歯周病

☆歯槽膿漏

☆口内炎

☆口腔不定愁訴

☆全身疾患から来る口腔内への影響、口腔内からの全身への影響

☆シェーグレン症候群の唾液分泌量の増加

☆鼻腔へのアプローチによる咽頭の感染や炎症

☆外耳道へのアプローチによる顎関節症の痛みの緩和

などです。

 

歯周病は日本人の8割以上、世界的にみても人類最多の感染症といわれておりギネスブックに載ってしまうぐらい多いのです。

graphimg_1

歯周病は知らず知らずのうちに進行し、一度なくなってしまった骨は二度とかえってきてくれません。

なる前に、予防のための定期検診や、なった後には現状維持のための定期検診が重要になります。

歯肉炎⇒歯周病⇒歯槽膿漏と、段階はありますが、そもそも原因は磨き残しです。

ご自身での歯磨き、ブラッシングはとても大事ではありますが、磨き残したものは期間を経て歯石になります。

歯石になってしまうと、固いので自分でとることはできません。

その固まりから細菌が広がってしまうのです。

また、虫歯などにより神経の治療を行った歯は、虫歯菌に感染した神経や、根っこのほうにできたしまった膿などから、たくさんの細菌が体内に回ってしまいます。

02_02end001

例えば、歯茎にはたくさんの毛細血管が存在しているので、そこの部分から歯周病菌などが入り、体内にまわり、全身疾患にもつながります。

その前後にオゾン療法(血液クレンジング)をおすすめします。

 

その他にも、血液ドロドロで金属アレルギーがある方は、酵素や栄養素の供給が不足しており、毒素排泄が滞っているので、歯科用の金属を口腔内にいれていることによって、長い間溶け出して体内に蓄積してしまった毒素の排泄にもつながります。

 

 

血液クレンジングは、ビタミンCの点滴と相性がいいといわれています。

Img_fn_20160420_018

ビタミンCの抗酸化効果でさらに免疫力アップにつながると言われています。

 

さて、いろいろ話してきましたが、『血液クレンジング』歯にも体にも良い治療法ですね♡♡♡

当院では、歯からみる体の不調、体からみる歯の不調と、さまざまな面からアプローチしています。

治療ご希望の方、ご相談など、お気軽にお問い合わせください。

 

よくあるご質問

1、血液クレンジングに保険は適用できますか?

⇒保険外治療です。

当院では初回15000円で、2回目以降は18000円かかります。

2、治療時間はどれぐらいかかりますか?

⇒採血し、血液をオゾン化し、体に戻すまでおよそ30分~程かかります。

3、治療頻度はどれぐらいですか?

⇒血液クレンジングは治療を重ねるごとに持続力や効果が増します。

最初のうちは2週間に1回で、ある程度改善がみられて月に1回が程度です。

4、効果はどれぐらい持続しますか?

⇒最初は、1週間、二週間、3週間とのびていき、そこから1割、2か月と持続するように徐々にのびていきます。

5、血液クレンジングの副作用はありますか?

⇒日本ではわりと新しい治療ですが、ヨーロッパ諸国では40年ほどの歴史があり、治療法も確立されており、副作用はほとんどありません。

6、オゾンて体に悪いものではないのですか?

⇒オゾン自体は有害とされていますが、採血を行った血液にオゾンを入れた時点で、酸化生成物と酸素にかわります。

それから体内に戻しますので、体内にオゾンが入ることはありません。

7、血液はどれぐらい抜きますか?

⇒基本的には100mlくらいです。体格など様々な理由により多少前後することはございます。

そして抜いた血液は体に全部戻しますので、低血圧や貧血の方も問題ありません。

8、血液クレンジングを控えたほうがいい体質などありますか?

⇒血液クレンジングは体を活性化する治療ですので、甲状腺機能亢進症いわゆるバセドウ病の方にはむいていません。

また、妊娠している方はお控えください。

 

 

コメントを残す