矯正の保定装置

このエントリーをはてなブックマークに追加

矯正を終え歯並びがきれいに並んだあと、何もつけずにそのままにしてしまうと、後戻りをしてしまいます。

そこで、矯正後には保定装置という今の並びを固定する装置をつけます。

保定装置には様々な種類がありますが、主にあるのは4種類です。

 

①ホーレータイプリテーナー

b3fe124d

歯の表側をワイヤーで抑え、裏側をプラスチックのプレートで抑える取り外し可能なリテーナーです。
後戻りのしやすい前歯のみを表側からワイヤーで抑えています。

 

②マウスピース式リテーナー

_579_img2_20140124120052__312x227

「ソフトリテーナ」、「インビジブルリテーナー」、「トゥースポジショナー」などともいわれていて、アクリル樹脂やラバー系の材料でできており、透明で目立ちにくいのが特徴です。

 

③フィックスタイプ (固定式)

retainer4

この中で唯一、取り外しのできないリテーナーです。

フィックスタイプは歯の裏側に、ワイヤー(太い金属)をボンドなどおにより接着し固定することで、後戻りを防ぎます。

取り外し式のリテーナーと比べると、装置が小さく目立ちにくいのが特徴で、取り外しができない分、磨きづらいという欠点はありますが、保定に優れています。

 

④ ベッグタイプリテーナー

retainer2

一般的に多く使われている取り外しができるリテーナー。ワイヤーが表側の歯並び全体を包み、
裏側からは、透明なプラスチックのプレートが歯列を抑えます。

 

以上の4つから、金属不使用のものは基本的には2種類のみです。

1つはマウスピース、2つめは、フィックスタイプです。

フィックスタイプは、基本的にはワイヤーを使いますが、健康面重視の方や、金属アレルギーのある方には、金属不使用のものもあります。

wgwYxL1338177819

このように金属アレルギーの方でも矯正もできますし、矯正後の保定装置もつけることが可能です。

金属不使用の矯正方法はこちらをご覧ください(^^♪

金属アレルギーをお持ちの方の治療は、有田歯科におまかせください(‘ω’)ノ!!

 

 

 

 

コメントを残す