アマルガム

このエントリーをはてなブックマークに追加

アマルガム、これは1970年代ごろをピークに使用されていたつめものの金属の一種です。

現在では、水銀の有害性は水俣病などにより知れ渡り、その治療も減少しています。

この金属のつめものは様々な金属を混ぜ作られていて、主な金属は、

銀、錫、銅、亜鉛、インジウム、パラジウム、水銀です。

従来、アマルガムは、操作が容易で、化学的耐久性も優れており、歯の神経にも刺激が少なく、細菌発育抑制作用があり、安価であったため、用いられていました。

アマルガムには、もちろん良い面もありますが、腐食しやすい傾向があるため、身体への影響もあります。

とくにそのうちの水銀が神経毒性があるといわれています。

歯に詰めたアマルガムは、3年以内に腐食しはじめ、10年後には60〜84%が減少されると研究でもでています。

そこで、水銀という有害物質に着目し、より安全なものをという声が増え、現在では歯科用の白い樹脂(コンポジットレジン)などでつめることが可能となりました。

一般的な近年つめられている金属とは、見た目も違うので、お口の中をみていただけるとすぐわかるとおもいます。

o0800060012840154822

光沢感がなく、鉛のような色をしているのがアマルガムの特徴です。

みなさんもチェックしてみてください。

アマルガムはもともと唾液で溶けやすく、果物や野菜などの酸でも化学反応を起こし、腐食するといわれていますが、それ以外にも物を噛むなどの摩擦をした際に生じる熱で水銀を含む蒸気が発生するとも言われています。

そのため、体内に吸収されやすく、アレルギーや健康被害なども出やすいと言われています。

また溶けやすいということは、表面がきれいにつまっているように見えても、溶けて段差などができた部分から虫歯になっていることもあります。

これを二次う蝕(二次的な虫歯)といいます。

gpf6Photo120130916052030

金属は数年たつと銀歯でもアマルガムでも溶けてアレルギーだけではなく、虫歯になっていることもあるので、気になる方は是非ご連絡ください。

 

 

 

 

 

 

コメントを残す