ガルバニー電流

このエントリーをはてなブックマークに追加

ガルバニー電流とは、異種金属が唾液を介して接触した時に流れる、微弱な電流のことです。

身近なものでいうとアルミホイルを噛んでキーーーン!する経験をしたことある方も多いのではないでしょうか?(笑)

ガルバニー伝流

これがガルバニー電流です。

人間の体にはもともと微弱な電気が流れています。

脳はこの電気をもとに体をコントロールしていて、そこにガルバニー電流が流れると、脳からの指令が混乱してしまいます。

また、ガルバニー電流は金属の腐食を促してしまうので、よりいっそう体内への吸収が進み、アレルギーなどの症状もでやすくなります。

ガルバニー電流が発生したときの主な症状には、味覚障害・舌痛症・肩こり・ひざの痛み・頭痛・神経症状(水銀毒・重金属毒)・鬱(うつ)・立ちくらみ・不定愁訴・自立神経失調症などがあります。

では、同じ金属ならいいかというと実はそうでもないのです。

金属のつめものやかぶせものなどのあらゆる歯科金属はメーカーによって様々な金属を混ぜ合わせたものでできています。

なので、同じ金属でも成分は全く同じとは限らないのです。

また、歯は電気を通す性質があり、主成分はカルシウムというアルカリ土類金属でできているので、金属のようなものです。

つまり、まっさらな何も治療をしていない歯と、他の金属で治療している歯であっても異種金属のようなもので、ガルバニー電流は発生するのです。

また、ガルバニー電流はマグネシウムを不活性化してしまいます。

マグネシウムは痛みを抑える作用があるのですが、うまく機能せず歯は関係ない部分にまでも痛みがおこることがあるようです。

口腔内の金属のつめものやかぶせものを外して原因不明だった腰痛や関節痛が治ることもあるようです。

 

コメントを残す