金属不使用治療⑤~新・かぶせもの~

このエントリーをはてなブックマークに追加

金属不使用のかぶせもので、ダイレクトクラウンという新しい物がでました。

※こちらは大臼歯、小臼歯のみのものになります。

他のかぶせものは、型どりして、数日後にできあがってかぶせるというものでした。

規格ダイレクトクラウンダイレクトクラウン

こちらは、既製のかぶせものを患者さんの歯にあわせてけずっていくものになります。

特徴は、

・材料はハイブリットセラミック(セラミックをプラスチックに混ぜたもの)で出来ている
・その日に型とりしてかぶせることができる
・金属を使用しないので金属アレルギーの心配がない
・他の白い被せ物に比べると安価である

・耐久性が劣る(耐用年数3〜5年)

⇒通常のハイブリットセラミックの被せ物は裏打ちが金属で補強されていますが、こちらは補強されていないので、噛み合わせによっては割れやすかったりします。そして、プラスチックが混ざってる分、全てセラミック(陶器⇒お茶碗のようなもの)のものと比べ、ハイブリットセラミックは、プラスチックのお弁当箱のように、汚れやにおいが吸着しやすいです。
・色のバリエーション2色のみなので、ほかの被せ物と比べ、周りの歯との色の違いが出やすい。
・新しい製品で、予後がわかっていない

 

お口の状態によって、できる歯できない歯などございますので、ご興味ある方はお気軽にご相談ください。

 

コメントを残す