アレルギーとストレス

アレルギーとストレスには関連性があると言われています。

アレルギーは、もともと免疫機能と大きくかかわっていると言われています。

allergy_02 23770 allergy_skin_02

1つは、副腎(フクジン)の作用があげられます。

副腎はさまざまなホルモンを分泌し、身体を正常に保つ働きをしています。

ストレスはこの副腎の働きを低下させて、ホルモン分泌バランスを崩し、ストレスホルモンを排出し、アレルギーを起こしやすくすると考えられています。

 

2つ目は、自律神経のバランスです。

こちらも身体を正常に働かせるためのもので、ストレスや不安感が大きいと自律神経のバランスや働きが乱れ、アレルギーが起こりやすくなります。

もともとアレルギー体質であったりすると、一度アレルギー症状を起こすと、次からは心理的なトラブルなどで簡単にアレルギー症状を引き起こすようになってしまいます。

そのため、神経質でストレスに弱い人ほど、アレルギー症状を引き起こしやすいと言われています。

両社とも、体の免疫機能が落ち、体内のバランスが崩れることで、外部からの刺激を過敏にうけやすくなり、アレルギーがおこるということです。

つまりは、体が元気な時にはアレルギーがでないアレルゲン(アレルギー物質)でも、心身ともに弱っているときなどは過敏に反応してしまい、アレルギー症状を起こすということです。

ねずみに、情動的ストレスを与えることによって、アレルギーが起きやすくなることも実験で証明されています。

このように体は様々なストレスにより免疫力などがおちて症状がでます。

アレルギーを完治させるということは難しいですが、アレルギー症状のでづらい体づくりもとても大事なことです。