精密義歯(入れ歯)~イボカップ~

保険で通常作られる入れ歯は、加熱重合法というもので、作られた後に、プラスチック内に気泡などができたり、製作中に起こる変形が起こることがあります。

そのため、精密に作ることが難しく、義歯の吸着力に影響を与えていました。

入れ歯は精密であればあるほど密封性が高く、ぴたっと吸い付くようにくっつきます。

また、気泡がある程度あることから、そこに汚れが吸着し、においの原因にもなってしまいます。

ぴたっとすいつくように密封性があって、うすくも作れる金属の入れ歯もあるのですが、中にはアレルギーなどにより作れない方もいらっしゃいます。

denture02 8b608e95

そこで登場したのがイボカップ(超硬質樹脂性精密義歯)です!!

約3トンの圧力をかけ、レジン(プラスチック)を填入するので、精密でぴたっとくっつきます。

 

また、硬度が高いので、プラスチックですが強度が高く、金属床の入れ歯には負けますが、保険の入れ歯よりは少し薄く作れます。

そして、高密度で気泡ができづらいので、隙間に匂いの原因ともなる汚れや着色が付着しづらく、汚れも落としやすいです。

img_01 type_ibocap img_03-1

今まで、金属アレルギーをおもちで、薄くて、はずれにくい金属をもちいた入れ歯を作りたかったのに作れなかった人にはもってこいの入れ歯です。

また金属アレルギーがなくても、電磁波過敏症などで金属を使用できない方、なんらかの理由で金属の入れ歯に抵抗があった方には、こういった選択肢も増えます。

入れ歯でお悩みの方、ぜひご相談ください。

 

 

 

 

 

 

2016年10月5日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : aritasika

スタッフA☆オゾン療法やってみました!~体験レポート~

注射や採血の苦手な怖がりのスタッフA、今回濃度42の150mlで、オゾン療法やってみました!(‘ω’)ノ

わたしは注射や、点滴、採血、とにかく針がこわくて恐怖を感じていたのですが、

19Gの採血用の針で、採血したのですが、意外とあっさり終わり、痛みも少なく、腫れやその後の経過も特に問題なく終わりました。

ちなみに一般に行われている献血の針は17Gとすごく太いようなので、それと比較すると細いみたいです。

また、献血では400mlほど血液をとるようですが、オゾン療法では100ml〜150ml程で済むということで、怖がりのわたしにとってはホッとしました。

なので、献血をしたことがある方だと余計に楽勝かもしれませんね(笑)

 

さてさて、、、

静脈から採血した血液は、やはり真っ黒でしたが、オゾンを加え2分ほど混ぜていると、オゾンが血液中で酸素にかわるので、きれいな赤に変化しました!!(*’▽’)

unnamed-2    unnamed

このきれいになった血を体内に戻すのですが、採血したときに刺した針からそのまま血を戻していくので、一度さされば何回もさされることがないので、注射嫌いなわたしにとってはうれしかったです(笑)

そして血が戻るときも、とくに嫌な感じはなくおわります。

もう一点わたしが怖かったのはオゾンという名の異物を体に取り込むということです、、、。

結構この恐怖に葛藤している方、多いのではないでしょうか?

実はオゾンは、血液と合わさると、酸素に変化します。

そして、うれしいことに酸素が血液に加わると、赤血球が変形していたのも、きれいな形にもどります。

これがいわゆる血液ドロドロからサラサラになるということみたいです。

変形して結合した赤血球は、血管の中でつまって流れるのがおそくなります(ドロドロ)。

そこでサラサラと流れるようにきれいな形に戻してあげるのです。

ketueki4 06_02

な、なんと画期的な!!!( ゚Д゚)

健康だけではなく、美容にも効果絶大ということで、恐怖心が消え去り、ますますやっていきたくなったスタッフAでした

 

 

 

つづく。。。

 

 

2016年9月24日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : aritasika

レジンアレルギー・ラテックスアレルギー

歯科でイメージするアレルギーといえば、みなさん金属アレルギーをご想像される方が多いかもしれませんが、実は歯科にはほかにもこんなアレルギー物質が存在します。

1つは、レジンアレルギー。

1a6e3a9cf59d95b9c0c424cf623e314a index_pict003

レジンアレルギーとは、プラスチックに対するアレルギーを言います。

1980年代ごろから、コンポジットレジン(レジンのつめ物)など新しい歯科材料が普及し、「HEMA(2-ヒドロキシエチルメタクリレート)」などのアレルギーをおこしやすいとされるレジンが歯科治療で頻繁に使

用されるようになりました。

とくに、小さい虫歯のつめものの時にレジンをつめたり、ハイブリットセラミックの材料の一部に含んでいたり、仮歯や仮のつめものの材料、入れ歯の材料などで使用されることもあります。

全身の症状は、皮膚炎が多く、湿疹、蕁麻疹、水ぶくれ、かゆみ、赤み、痛み等の症状が、顔、首、手足、腕、背中などに現れます。

口の中の症状だと、粘膜が腫れたり、赤くなったり、熱を帯びたり、痛みがでることがあります。

直後に症状がでるわけではなく、半日や数日後にでることが多いとされています。

主に固まっていないレジンとの接触により発症し、揮発性があるため、吸い込んでしまい喘息や鼻炎を生じることもあるとされています。

この場合は、代わりになる材料でつめることをおすすめしております。

 

2つめは、ラテックスアレルギー。

0709-0289-01 nikki_03_14_01008

 

ラテックスという素材は歯科ではおもに、ゴム手袋やラバーダムシートという治療器具で使用されています。

ラテックスアレルギーは、即時型(Ⅰ型アレルギー)なので、その成分をふくむものに接触し30分以内に症状があらわれると言われています。

この場合は、ラテックス不使用のゴム手袋などで治療させていただくことも可能です。

 

 

上記のアレルギーがある方は、治療法などが変更できますので、お気軽にお申し付けください。

 

 

銀歯はなにでできているのか

虫歯の保険治療で、銀色のつめものやかぶせものがあることはご存知でしょうか?

保険治療では基本的に、金属でできたつめものやかぶせものをします。

このときに使われている種類は、『銀合金』『金銀パラジウム合金』『ニッケル・コバルト合金』などがあります。

いずれの金属も、合金すなわち様々な金属をまぜることによって作られていますので、金属アレルギーの方はどの金属が入っているのかメーカーごとにも違うので確認する必要があります。

特に一般的に虫歯の治療で使用されている金属は、『銀合金』と『金銀パラジウム合金』です。


銀合金の主な材料

銀、アルミニウム、銅、ガリウム、インジウム、イリジウム、パラジウム、白金、ルテニウム、すず


金銀パラジウム合金の主な材料

銀、金、銅、ガリウム、インジウム、イリジウム、ニオブ、パラジウム、レニウム、すず、亜鉛

※メーカーによって多少の違いはあります。

また、1970年代ごろの治療でアマルガムというつめものをしていた時期があります。

流動性がよく、丈夫な金属として使用されていたのですが、材料に水銀が含まれていることから現在はあまり使用されていません。

しかしながら、そのころに治療を行ってから特に治療をしていない方には、いまだに口腔内にアマルガムが入っている方もいらっしゃいます。


アマルガムの主な材料

銀、銅、水銀、すず、亜鉛

このつめものは、現在使用されている金属のつめものと違い、光沢感がなく、鉛色をしているので、見分けやすいです。


上記で述べた金属は、唾液で溶けやすく体に浸透しやすいためアレルギー症状がでやすいと言われています。

機能性の面で考えると一概に金属が悪いともいえず、入れ歯を丈夫で薄く作るために、アレルギーのでづらい金属のチタンというものを使用する場合もあります。

また、金のつめものやかぶせものも機能面で優れているので、金属だとしても自費治療で行っています。

しかしもちろん金にもアレルギーがある方はいらっしゃいます。

そもそも人間の体の中には金属は存在せず基本的には異物になりますので、アレルギーあるなし関係なくおすすめしておりません。

このように一口に銀歯といってもいろいろ混ざっていますので、要注意です!!

 

アレルギーとストレス

アレルギーとストレスには関連性があると言われています。

アレルギーは、もともと免疫機能と大きくかかわっていると言われています。

allergy_02 23770 allergy_skin_02

1つは、副腎(フクジン)の作用があげられます。

副腎はさまざまなホルモンを分泌し、身体を正常に保つ働きをしています。

ストレスはこの副腎の働きを低下させて、ホルモン分泌バランスを崩し、ストレスホルモンを排出し、アレルギーを起こしやすくすると考えられています。

 

2つ目は、自律神経のバランスです。

こちらも身体を正常に働かせるためのもので、ストレスや不安感が大きいと自律神経のバランスや働きが乱れ、アレルギーが起こりやすくなります。

もともとアレルギー体質であったりすると、一度アレルギー症状を起こすと、次からは心理的なトラブルなどで簡単にアレルギー症状を引き起こすようになってしまいます。

そのため、神経質でストレスに弱い人ほど、アレルギー症状を引き起こしやすいと言われています。

両社とも、体の免疫機能が落ち、体内のバランスが崩れることで、外部からの刺激を過敏にうけやすくなり、アレルギーがおこるということです。

つまりは、体が元気な時にはアレルギーがでないアレルゲン(アレルギー物質)でも、心身ともに弱っているときなどは過敏に反応してしまい、アレルギー症状を起こすということです。

ねずみに、情動的ストレスを与えることによって、アレルギーが起きやすくなることも実験で証明されています。

このように体は様々なストレスにより免疫力などがおちて症状がでます。

アレルギーを完治させるということは難しいですが、アレルギー症状のでづらい体づくりもとても大事なことです。

 

 

 

オゾン療法と高濃度ビタミンC点滴~血液クレンジング~

みなさんはオゾン療法をご存知ですか?

近年だいぶ広まりつつありますが、やっているところはまだ限られているようですね。

オゾン療法(血液クレンジング)の歴史は、日本ではここ最近ですが、ヨーロッパでは30~40年前からやられているようで、英国のエリザベス女王の母君が定期的におこなっていたことも有名です。

queenmamori12_03

オゾン療法とは、100〜200ccほどの血液を専用の容器に採血し、そこにオゾンガスを入れたのちに、オゾン化した血液を体内に再度戻すという治療です。

ozone_2step_img04acd95804871beddfa999e8e91250e1c5-300x297

 

では、どのような効果があるのでしょうか。

1つ目、ふだん酸素がいきわたらない部分まで届く

blood

2つ目、血液の流れがサラサラになり、抹消循環の改善

img_topical0-2

3つ目、免疫力の向上

23770

4つ目、細胞が活性化し、抗酸化力を向上

8888-300x246

5つ目、アンチエイジング

m_03

などが挙げられます。

 

歯科では、なにが効果的かといいますと、

☆歯周病

☆歯槽膿漏

☆口内炎

☆口腔不定愁訴

☆全身疾患から来る口腔内への影響、口腔内からの全身への影響

☆シェーグレン症候群の唾液分泌量の増加

☆鼻腔へのアプローチによる咽頭の感染や炎症

☆外耳道へのアプローチによる顎関節症の痛みの緩和

などです。

 

歯周病は日本人の8割以上、世界的にみても人類最多の感染症といわれておりギネスブックに載ってしまうぐらい多いのです。

graphimg_1

歯周病は知らず知らずのうちに進行し、一度なくなってしまった骨は二度とかえってきてくれません。

なる前に、予防のための定期検診や、なった後には現状維持のための定期検診が重要になります。

歯肉炎⇒歯周病⇒歯槽膿漏と、段階はありますが、そもそも原因は磨き残しです。

ご自身での歯磨き、ブラッシングはとても大事ではありますが、磨き残したものは期間を経て歯石になります。

歯石になってしまうと、固いので自分でとることはできません。

その固まりから細菌が広がってしまうのです。

また、虫歯などにより神経の治療を行った歯は、虫歯菌に感染した神経や、根っこのほうにできたしまった膿などから、たくさんの細菌が体内に回ってしまいます。

02_02end001

例えば、歯茎にはたくさんの毛細血管が存在しているので、そこの部分から歯周病菌などが入り、体内にまわり、全身疾患にもつながります。

その前後にオゾン療法(血液クレンジング)をおすすめします。

 

その他にも、血液ドロドロで金属アレルギーがある方は、酵素や栄養素の供給が不足しており、毒素排泄が滞っているので、歯科用の金属を口腔内にいれていることによって、長い間溶け出して体内に蓄積してしまった毒素の排泄にもつながります。

 

 

血液クレンジングは、ビタミンCの点滴と相性がいいといわれています。

Img_fn_20160420_018

ビタミンCの抗酸化効果でさらに免疫力アップにつながると言われています。

 

さて、いろいろ話してきましたが、『血液クレンジング』歯にも体にも良い治療法ですね♡♡♡

当院では、歯からみる体の不調、体からみる歯の不調と、さまざまな面からアプローチしています。

治療ご希望の方、ご相談など、お気軽にお問い合わせください。

 

よくあるご質問

1、血液クレンジングに保険は適用できますか?

⇒保険外治療です。

当院では初回15000円で、2回目以降は18000円かかります。

2、治療時間はどれぐらいかかりますか?

⇒採血し、血液をオゾン化し、体に戻すまでおよそ30分~程かかります。

3、治療頻度はどれぐらいですか?

⇒血液クレンジングは治療を重ねるごとに持続力や効果が増します。

最初のうちは2週間に1回で、ある程度改善がみられて月に1回が程度です。

4、効果はどれぐらい持続しますか?

⇒最初は、1週間、二週間、3週間とのびていき、そこから1割、2か月と持続するように徐々にのびていきます。

5、血液クレンジングの副作用はありますか?

⇒日本ではわりと新しい治療ですが、ヨーロッパ諸国では40年ほどの歴史があり、治療法も確立されており、副作用はほとんどありません。

6、オゾンて体に悪いものではないのですか?

⇒オゾン自体は有害とされていますが、採血を行った血液にオゾンを入れた時点で、酸化生成物と酸素にかわります。

それから体内に戻しますので、体内にオゾンが入ることはありません。

7、血液はどれぐらい抜きますか?

⇒基本的には100mlくらいです。体格など様々な理由により多少前後することはございます。

そして抜いた血液は体に全部戻しますので、低血圧や貧血の方も問題ありません。

8、血液クレンジングを控えたほうがいい体質などありますか?

⇒血液クレンジングは体を活性化する治療ですので、甲状腺機能亢進症いわゆるバセドウ病の方にはむいていません。

また、妊娠している方はお控えください。

 

 

波動治療~院長ドイツに行ってきました!~

院長が波動治療を学びにはるばるドイツへ行ってきました!(^^♪

おいしいものいっぱいあったみたいです。

DSC_0102

DSC_0092

いいなぁ〜(´・ω・`)

 

波動治療といえば最先端医療のドイツの、レヨネックスさん。

00020001

DSC_0002

本社は、ピラミッド型の建物なんですよ。

ピラミッドにはとてつもない波動が流れているようでそれをモチーフにしたのだとか。

DSC_0052

波動治療中1

当院でもおなじみPS1000(波動治療の機械)です。

これ、パンフレットの写真のように見えますが、違うんですよ(笑)

一般的には横になって流しますが、むこうではお風呂でもやっているそうです。

お風呂でやるとリラックスした状態でできるので、一層効果的かもしれませんね。

DSC_0008

newspaper1

集合写真ミニ6

現地メディアにも取材を受けました☆

院長はどこでしょう〜(^^♪

波動を流したものをアルミホイルでつつむと、24時間波動をとじこめておけるんですって。

波動水作るときに便利ですね☆

DSC_0066

ドイツではお馬さんにも波動治療するみたいです。

お馬さん写真ミニ

波動治療にご興味ある方はご連絡ください。

金属アレルギーの毒素排泄もそうですが、そのほかの治療でも波動治療をおこなっております。

 

 

 

 

矯正の保定装置

矯正を終え歯並びがきれいに並んだあと、何もつけずにそのままにしてしまうと、後戻りをしてしまいます。

そこで、矯正後には保定装置という今の並びを固定する装置をつけます。

保定装置には様々な種類がありますが、主にあるのは4種類です。

 

①ホーレータイプリテーナー

b3fe124d

歯の表側をワイヤーで抑え、裏側をプラスチックのプレートで抑える取り外し可能なリテーナーです。
後戻りのしやすい前歯のみを表側からワイヤーで抑えています。

 

②マウスピース式リテーナー

_579_img2_20140124120052__312x227

「ソフトリテーナ」、「インビジブルリテーナー」、「トゥースポジショナー」などともいわれていて、アクリル樹脂やラバー系の材料でできており、透明で目立ちにくいのが特徴です。

 

③フィックスタイプ (固定式)

retainer4

この中で唯一、取り外しのできないリテーナーです。

フィックスタイプは歯の裏側に、ワイヤー(太い金属)をボンドなどおにより接着し固定することで、後戻りを防ぎます。

取り外し式のリテーナーと比べると、装置が小さく目立ちにくいのが特徴で、取り外しができない分、磨きづらいという欠点はありますが、保定に優れています。

 

④ ベッグタイプリテーナー

retainer2

一般的に多く使われている取り外しができるリテーナー。ワイヤーが表側の歯並び全体を包み、
裏側からは、透明なプラスチックのプレートが歯列を抑えます。

 

以上の4つから、金属不使用のものは基本的には2種類のみです。

1つはマウスピース、2つめは、フィックスタイプです。

フィックスタイプは、基本的にはワイヤーを使いますが、健康面重視の方や、金属アレルギーのある方には、金属不使用のものもあります。

wgwYxL1338177819

このように金属アレルギーの方でも矯正もできますし、矯正後の保定装置もつけることが可能です。

金属不使用の矯正方法はこちらをご覧ください(^^♪

金属アレルギーをお持ちの方の治療は、有田歯科におまかせください(‘ω’)ノ!!

 

 

 

 

!インプラントオぺ中院長!〜院長シリーズ2〜

12531043_1710855819169962_247348011_n

こんなかんじでオぺ着着用で治療を行っております。

当院では、金属不使用のジルコニアインプラントも行っております。

金属を使用したくない方、またアレルギーがあり、金属の入れ歯やインプラントはちょっと、、、という方、ぜひジルコニアインプラントをおすすめします。

ジルコニアインプラントについては、こちらをご覧ください!

!アマルガム除去中の院長!〜院長シリーズ1〜

院長紹介ページ以外では初登場の院長です!

12935061_1739925539554197_160683621_n

この写真は、アマルガムという水銀を含む有害金属除去治療を行っているときです。

この患者さまは、原因不明のアトピーに悩まれていて、金属アレルギー検査も行っていたのですが、パッチテストでは大きな反応は得られず。。。

しかし、検査結果が必ずしもあっているというわけでもないので、有害物質はなるべく除きたいというご希望があり、メタルフリー(金属不使用)治療を今後も行っていくことになりました。

その第一弾として、アマルガムから除去しました。

何年も前に治療されたところだということで、除去後すぐに改善に向かうわけではなく、毒素排泄には時間もそれなりにかかります。

除去後、長い間蓄積された、体内に残った重金属の毒素排泄も波動治療というかたちで当院では、行っております。

波動治療につきましては、料金・治療内容などホームページにも記載してございますが、お気軽にお電話にてお問い合わせください。